2018年4月21日(土)


昇仙峡・羅漢寺山                      

昇仙峡・羅漢寺山(弥三郎岳) 1058.3m ハイキング


参加者 12名
 CL:關マサ SL:安瀬善一
 大内滋、加藤幸子、小島とく、瀬川健、大三晶子、橋本利子、永田早苗、秋元孝子、
 渡辺勉、村越清


【 行程 】
JR大月駅前9時40分集合、乗用車2台に分乗、中央道大月IC=双葉SAS=11:20
昇仙峡新静観橋駐車場へ
雲一つない快晴のハイキング日和、気温は上昇、汗ばむ陽気でもそよ風が爽やかで心地よい。
ロープウェイ乗り場脇にて集合写真撮影後、11:40発に乗りパノラマ台駅へ
11:47休憩後11:50ハイキング開始。
展望台手前の日陰ですぐにお昼タイム(12:07〜12:30)お腹も満足になり、これより弥三郎岳山頂へ登山開始。
途中、岩場、鎖場を過ぎて広い岩の上、ちょっと身震いする人も、もうすぐ頂上、岩と赤松の間が狭く腹ばい状態でくぐり抜け、12:40山頂へ到着。
山頂で写真撮影後12:50下山開始、安瀬さんの準備したロープを使い、ロープ結び方と降り方の指導の元、慎重に下山。
13:20あっという間にパノラマ台駅へ、14:00発まで自由休憩。
14:15下山後車で金櫻神社へ移動、鬱金櫻花見へ。長い石段を上りフウフウ言いながら配電に到着。
しだれ桜、山桜は散り始めていましたが、鬱金櫻、八重桜は満開のコラボレーションで大変素晴らしく大満足でした。
金櫻神社には、初代左甚五郎作と伝えられる昇・降龍が奉納されており、鎌倉時代の社殿と共に全国に其の名を知られているようです。
一行は金櫻神社を後に甲府駅まで移動し、ここで解散となりました。

参加された皆さん、弥三郎岳岩場のスリルと金櫻神社・鬱金櫻の花で癒されたと思います。大変お疲れ様でした。
                               村越 清





集合写真



 

富士山とハイポーズ




 

さあ出発



 

弥三郎登り口



 

お昼タイム



 

お昼タイム



 

お昼タイム



 

お昼タイム



 

お昼タイム




 
お昼タイム



 

鎖場



 

岩場登り



 

弥三郎山頂



 

御神木前で



 


 

金櫻神社



 

昇・降龍記



 

降龍



 

八重桜と鬱金櫻



 

花の名は?



 

甲府市指定文化財・天然記念物『金桜神社のスギ群』記



 

パノラマ駅から登山開始



 

金桜神社杉



 

金桜神社石段



 

金桜本殿と鬱金桜





降龍



 
 

山頂から下山



 

山頂から富士を望む



 

集合写真



 

昇龍



 

低い赤松をくぐり抜け



 

展望台から富士を望む



 

展望台手前の岩場



 

八重桜



 

富士山を背景に



 

浮富士スポットで



 

鳳凰三山と南アルプス



 

羅漢寺山(弥三郎)山頂





鬱金櫻



 
 

鬱金櫻御神木