2018年9月15日(土)・16日(日) 一泊二日


9月度 西穂独標                

平成30年9月15日(土)・16日(日) 田村こまくさ会 9月度

《西穂高、独標を目指す》



【参加者14名】
〈Aコース〉 西穂山荘〜独標(往復)
 CL橋本利子、SL渡辺勉、
 山本慶子、中村正子、田村保、秋元孝子、永田早苗

〈Bコース〉 西穂山荘〜独標〜西穂高岳(往復)
 CL安瀬善一、SL村越清、
 橋本久子、澤村睦、大三昌子、大三宗康、佐藤幸子


 【 行 程 】
一日目
9月15日(土)新穂高ロープウェイ12:45集合予定でしたが、交通事情もあり遅れて集合となる。
天気も小雨が降りだし、14:20先発隊10名で西穂山荘まで登山開始。
15:00後発隊4名で山荘目指す。雨も小降りから本降りとなり、西穂高口から標高200mほどの登りである。樹林帯の中を穏やかに登り、山荘近くになるとジグザグの急登が終わり西穂山荘に到着。先発隊と合流、山荘は大勢の登山客で大賑わい。濡れたカッパや衣類を乾燥室や暖房器で乾かすためごった返しである。
18:00頃から夕食開始、満足の食事でした。

二日目
翌朝Bコースメンバー7人は5:00出発。山荘からハイマツの中を登り視界が開けると丸山へ
ここから穏やかな石ころの登山道をゆっくりと登る。雨は上がったが霧で周りの景色は見えず残念だが好天を望みながら上を目指す。
6:25独標手前の岩場ゆっくりと登る。
6:35全員独標山頂へ到着。山頂で朝食開始、リーダーからこの先の天気情報を確認し、強風により危険を回避して西穂高岳登山を断念する。
朝食が終わり独標山頂で写真撮影後、Aコース橋本リーダーより携帯に連絡があり。状況報告し独標止まりで帰路に就く旨を傳える。
7:00下りは危険なためザイルを準備し慎重に下山開始。丸山手前で途中Aコースのメンバーと遭遇。Aコースの4名は独標往復を予定通り続行、他3名はAコース組を待っていただき、9:36に8名で西穂山荘を出発し11:00西穂高口ロープウェイに到着。
Aコース後続組と連絡を取り合い休憩後、この場所で現地解散といたしました。

参加された皆様大変お疲れ様でした。お天気のいい時に再挑戦したいですね。
                     村越 清

 

丸山過ぎの石ころ登山道

撮影:村越清

独標手前の下り岩場

撮影:村越清
 
慎重に

撮影:村越清
 
もうすぐ独標登り岩場

撮影:村越清

独標到着朝食

撮影:村越清

独標山頂で朝食

撮影:村越清
 
独標山頂で記念写真

撮影:村越清
 
記念写真

撮影:村越清
 
下山開始

撮影:村越清
 
慎重に下山

撮影:村越清
 
急峻な岩場を降りて一安心


撮影:村越清

 

独標@

撮影:橋本利子

独標A

撮影:橋本利子 

独標B

撮影:橋本利子  

独標C

撮影:橋本利子   
 
独標D

撮影:橋本利子  
 
独標E

撮影:橋本利子  
 
独標下り@

撮影:橋本利子  

独標下りA

撮影:橋本利子   
 
独標下りB

撮影:橋本利子  

独標下りC

撮影:橋本利子   

夕食

撮影:橋本利子   
 
西穂山荘@

撮影:橋本利子  

西穂山荘A

撮影:橋本利子   
 
西穂山荘B

撮影:橋本利子  

西穂山荘C

撮影:橋本利子   

西穂山荘D

撮影:橋本利子   

西穂山荘E

撮影:橋本利子   

西穂・丸山@

撮影:橋本利子   

西穂・丸山A

撮影:橋本利子   

西穂・丸山B

撮影:橋本利子   

西穂・丸山C

撮影:橋本利子